ベースとなる準備

①法人の設立

 飼い主にとって、預かり施設は継続性を持つことが大前提です。そのためにも、組織としての受け入れ施設にすべきです。

 個人経営では信頼を得にくくなりますし、経営者である「あなた」にもしものことが起こったら・・・というリスクの問題があるからです。

 ドッグカフェならとか、猫カフェなら個人経営でいいんじゃないかという反論があります。

 確かに、わんちゃんが同伴できるカフェというだけならそれでもよいと思います。

 しかし、保護犬や保護猫を展示するスタイルでのカフェでは、組織としての法人で運営すべきと考えます。

②第一種動物取扱業

 第一種動物取扱業とは、日本における動物の販売・保管・貸出・訓練・展示・競りあっせん・譲受飼養などを「業」として行う者を指す法律用語です。有償・無償を問わず営利を目的とする場合は必要です。

 対象の動物には、魚類・両生類・産業動物・実験動物は除外されています。

 動物取扱業を始める場合、都道府県や指定都市に登録が必要です。

 また

 動物取扱業を行う場合、専属の動物取扱責任者を選任する必要があります。

動物取扱責任者は、以下①~④を全て満たす必要があります。

①次のいずれかに該当すること。
イ 経験・・・営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の、登録施設での実務経験があること
ロ 学歴・・・営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校その他の教育機関(原則として学校法人であること)を卒業していること
ハ 資格・・・公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること(※1)

②動物取扱責任者研修(新規)を受講済みであること(新規研修の受講後は、1年に1回以上、当該都道府県や指定都市が行う法定研修を受講)。

③成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者でないこと

④動物愛護法に違反して罰金以上の刑に処されていないこと

③融資の手続

場合によって、日本政策金融公庫、信用保証協会などを活用して開業融資の手続きを行います。