ペットシッター

個人/法人

ペットシッター業は無店舗型の経営ができる分、いきなり法人化する必要はないのかもしれません。先ずは個人で始めて、状況で法人化するということでもよいでしょう。

飼い主の代行という色合いが強いので、他のお仕事以上に飼い主とのコミュニケーション能力が求められるという特徴があります。

専門性

犬専門のシッター、猫専門のシッターというように、専門性を打ち出すことは可能です。

最近は犬と一緒に旅行に行かれるケースが多くなったせいか、猫専門のシッターの数が増えているようです。

ペットの寿命が延びていることもあり、老犬や老猫のお世話を依頼されることもあります。