ペットホテル

専業/兼業

ペットホテル専業という業態を選ぶ場合には、顧客を獲得できるルートを事前に確立しておく必要があるでしょう。どのように差別化・ブランディングをするのかというところが、非常に重要です。

兼業でペットホテルを営むケースが、圧倒的に多いケースとなります。動物病院やペットサロン、しつけ教室などとの兼業です。通常お世話になっている病院やサロン、しつけ教室のスタッフへの信頼感と安心感から、大切なペットを預けやすいということが一番の理由です。経営効率を考えても、兼業での開業がお勧めできます。

施設/設備

ペットホテルは兼業スタイルが主流のため、全国に何千という数があります。つまり施設・設備については、どうしても「兼業」という制約があります。ドッグランを備えているような動物病院やペットサロンを探すのは至難の業です。そうなると、衛生面やスキンシップ等、ペットのへの関わり具合を密にすることが求められます。。

ペットホテル専業ならば、日常飼われている状態に近い施設を用意することで、兼業組と勝負することができるでしょう。普段家の中で自由にできる生活を送っているペットが、ペットホテルでも同じように事由に振る舞うことができれば、飼い主への十分なアピールになります。