ペット供養関連

ペット葬儀サービス

ペットのために火葬場や葬儀場、霊園の手配をし、取次などを行います。場合によっては、ペットロスに対応できるカウンセラーをご紹介することもあります。

特に資格はありませんし、届出も不要ですが、お客様にご紹介できる施設や人とのつながりを、数多く持つことが求められます。

個人で営業を始め、状況で法人化が可能です。

火葬場

施設型と移動型があります。移動型は自動車内の火葬設備を使いますので、自動車免許は必須です。

施設型は費用も土地も必要ですから、それなりの資金がなければなりません。

移動型はフランチャイズ契約で始めることも可能です。

※行政への事前相談

 場所の規制についてクリアしなければなりません。場合によっては、近隣住民への事前説明なども必要になるでしょう。移動型の場合も焼却場所や時間帯について、行政に確認が必要です。

ペット霊園

屋外型と屋内型に分かれます。

屋外型は霊園の区画を利用する契約を交わします。

屋内型は室内に骨壷を安置し、愛犬や愛猫の写真等を置いて供養の場とします。

長く続けることが大きな目標となります。そのためにも法人として営業をすることが求められます。

※行政への事前相談

 場所について、事前に行政と相談することを勧めます。場合によっては、近隣住民への事前説明なども必要になるでしょう。