ペット共生型のシェアハウス

2017年04月28日

ペットと暮らす家HOUSE-ZOO

ペットと暮らす家HOUSE-ZOOを一都三県に展開する田中社長とお会いして参りました。

「新しく建てることも必要な場合がありますが、これからは『あるもの』をどう使っていくかという『ソフト』が大事なんです」と語る田中社長の目がとても真剣なのが印象的でした。空き家のリノベーションをするだけでなく、そこに「ペット共生」という付加価値をプラスすることで、新たな世界と絆を創造する田中社長は、まさにクリエイター。

今後3年間で、数百のシェアハウスを生み出すことを宣言されていました(実際には具体的な数字をお聞きしましたが、ここでは伏せます)。ペットを飼いたい人とシェアハウスに住みたい人の予測値から、根拠のあるビジネスを展開されています。

今現在のシェアハウス入居者の方の平均年齢は30歳前半ということですが、高齢者の方のシェアハウスも視野にあるそうです。

空き家対策としてご興味のある方は、お繋ぎいたしますので、お問合せください。

また、シェアハウスに住みたいという方もご紹介いたしますので、お知らせください。